こもれび日記

あさひ共生会の音楽部「こもれび」です。

活動状況などをお知らせできればと思っています。

2010年05月

5月の活動報告です。
まずは、今日初めて来てくれたあさひのゆきえ先生の紹介から始まりました。 初めて会う人も多かったようでしたが、みんなと一緒に楽しんで参加してくれました。 「エアロビ上手ですね」と青木先生
じゃんじゃん遊びに来て下さい。

4月は出番が多く、18日の北ロータリーさん主催のふれあいコンサート、29日のチャリティ歌謡大会の反省をしました。
ふれあいコンサートについては、青木先生もエアロビの出来を心配されていて、みんなから頑張ってきましたと報告があり安心したようでした。
また、チャリティについては先日も日記に書きましたが、反省点をもう一度みんなとも確かめ合いました。 反省点は多かったのですが、両日ともこもれびの活動を見て頂く良い機会を頂けた事に感謝して、また次回につなげて行けるよう頑張ろう!と今日は新たな出発日です。

という事で、エアロビクスから始まります。
今年度はふれあいコンサートで披露したようなフリをきちんと付けて、それを覚えて行こうと思っています。
ただ、青木先生の話しによると、今までの振り付けは少々エアロビクスの動きに反するとの事
それは今までは全部右足からスタートのフリで、本来は左足からもスタートさせて左右の動きを作らなければいけないらしいのです。
なので今月は同じフリでも左足からスタートさせてやってみたのですが...
身体にしみ込んだ右足スタートの動きがなかなか取れません。
グッチャグチャです
ただ、みんなが楽しそうに動いている姿はとても良いものです。
汗もたくさんかきつつ、また次回がんばろうということで、今回は終了。

そして歌。新しい歌を決定しました。
何曲か候補がある中で、全部の歌を聴いてもらって多数決で決めました。
今年度の歌はケミストリーの「約束の場所」
ケミストリーは男性2人のメンバー。
パートが2つに分かれているので、パートを分けて歌うのも面白いかなと思っています。またこの曲は男性の曲の中でもキーが高く、みんなにも歌いやすいのではないかと思います。
どんな出来具合になるか楽しみです
またこちらも頑張って行きましょう!

さて次回は6月12日(土)です。時間は10時から。
集合は10分前ですので、遅れずに来て下さい。
それから、動けば必ず汗をかきますので、着替えも忘れずに。
風邪引いても知らんぞ〜! ということで、また来月

 4月29日の昭和の日の祝日。
盛大に第23回チャリティ歌謡大会が川口市立芝ホールで開催されました。
こもれびメンバーの出演はこれで6回目になります。
だいぶ舞台にも慣れ。。。と言うわけにはいかず、毎回緊張感満載の中での出演となります。

今回の歌はレミオロメンの「もっと遠くへ」
これは前回の冬季オリンピックでテーマ曲として使われていたものです。
あきらめることなく、誰かのせいにしたりせず、自分の力を信じて歩いていこう!という、とても前向きな歌です。
曲はとても難しく、歌詞の内容も難しく、なかなか練習の成果が見えてこない歌だったのですが、作業所で練習させてもらったりと色々と協力してもらいやっとこさ形になりました。

ですが、私は前日の音あわせでちょっと歌ったのですが、緊張感と不安感がありすぎて音は取れず散々な音あわせとなってしまいました。
まっ、本番はみんなが頑張ってくれますからとコソコソと舞台を降りたことは内緒です

さて、当日。
いつものように朝9時前には集合して、時間の確認から始まります。今回はお昼過ぎの出番になりそうです。
その前に踊りのお手伝い。
これはいつも当日練習の一発勝負。
この度の踊りは足のステップが難しかった。
しかし、持ち帰って練習しましょう!なんて時間はないので、勢いだけで踊ったという感じになってしまいました。岡村市長さんが一緒に踊ってくれて、盛り上げていただいたので本当に助かりました。
次回は事前に課題をもらって練習した方が良さそうです…と反省。

そして、その後はいつもの建物裏へ。
こっそり声出しをして、最終確認です。
実はこの時の歌が一番良いのです。
緊張感はそこそこあり、しかしまだ冷静に歌への注意もできている状態。

ということで、本番となります。
やっぱりというか、本番は歌の抑揚はほとんど無くなり最初から最後まで音を張り上げて終わってしまいました。
舞台上でスポットライトを浴びて、沢山のお客様の前でという緊張は慣れませんね。大きな課題の一つです。
しかし、歌い終われば沢山の拍手と「良かったよ」の声を頂き、また次回も頑張ろうという勇気を頂く事ができました。

でも、でも。。。
来年は。。。
歌ではなく。。。
違う形での参加も。。。
良いかも。。。
などと考えながら今回のチャリティ歌謡大会は終わるのでした。

このページのトップヘ