こもれび日記

あさひ共生会の音楽部「こもれび」です。

活動状況などをお知らせできればと思っています。

2011年09月

平成23年9月4日(日)第24回チャリティ歌謡大会がやってきました。
いよいよ本番です。
2ヶ月以上集まっての練習をしていないなどというのは初めての事でしたが、歌い込みはだいぶ出来ていた事や、事前に作業所で練習させて頂いたりしたので、少しは緊張せずに落ち着いて参加できました。

そして、今回は震災の影響で4月の祝日開催から9月の日曜日開催になった事で、祝日では仕事があり参加できないリサイクルメンバーもたくさん参加できました。
総勢27名での合唱です。
歌は槇原敬之さんの「遠く遠く」。
出番がある時によく歌っていた曲なので、とても愛着ある歌です。

その前に、恒例の踊りのお手伝いがあります。
今回はそうらん節。
練習時間10分。
しかもハチマキやハッピまで用意してくださっって。。。
大丈夫なのでしょうか
教えてくれる先生は「大丈夫よ〜!」と背中を押してくれます。
毎年そうですが、勢いに乗って参加です。
教わった通りでないような。。。
でも楽しく踊れました。やはり本番に強いねぇみんな。

そして早めに昼食をとり、
いよいよ本番です。

いつもは私も舞台にあがって一緒に歌うのですが、今回は舞台下で指揮をしました。
カラオケの画面がある真ん前に立ったので、みんなの視線が集まって身体を左右に動かす事もうまくいきました。
歌は。。。
良かったと思います。
やはり人数がいると迫力もあります。
大きな拍手もいただき無事に終了です。

今年は踊りで参加されている方から差し入れもいただきました。
お母さん方には食べる場所を確保して頂いたりと色々なお気遣いいただきました。
職員の体制も考えて頂き、スムーズに動きが取れました。
毎年そうですが、たくさんの方々に気遣って頂き参加できる事に感謝です。
本当にありがとうございました。

感謝の気持ちをまたあの舞台で発揮できればと思います。
こもれびメンバー、またがんばりましょう

ご無沙汰しております。
先日、チャリティ歌謡大会に参加してきましたが、その前に活動報告を書いていないと言う事で、先に報告致します。

7月は青木先生がお休みのため、チャリティ歌謡大会のための練習が中心でした。
歌はもちろん、並びを考えたり、動き方の練習をしたりしました。

20110709112200


特に難しいのは歌の終わりです。
退場のタイミングを見計らいます。
それが分からない人も居るので、周りの人の声や動きがとても大事です。
そんな練習をしていたらあっという間に時間が過ぎていきます。
歌はだいぶ練習してきた曲なので、あとは抑揚を付ける事を忘れなければ良いかと思います。

そして8月。
作業所の夏期休所にあたり活動なし。

そして9月。
チャリティ歌謡大会の前日に活動日を設定しました。
ところがまさかの台風襲来予報
直前まで中止の確定をしなかったのですが、前日、いくら天気予報を見ても直撃は免れそうにないな。。。と中止を決定。
しかし
翌日は晴れ
台風は居たようなのですが、雨も降らずに終わりました。
大丈夫なのでしょうか、明日の本番は。。。

次の日記に続く。

このページのトップヘ