ごめんなさい。
5月の活動報告してませんでした。
今日は続けてアップします。
みなさん風邪をひいていませんか?
毎朝何を着たら良いのか迷ってしまうような陽気ですね。

さて、5月のこもれびの活動を報告します。
今月も先月に続きコーディネーショントレーニングから始まりました。
あ、宮中先生がコーディネーション体操ではなく、これからは「こもれび体操」と言いますと言っていましたね
今回はホールで行ったので、余裕ある動きが出来たと思います。
高橋君はズッコケましたけど。気をつけないとね。

イメージ 4


前回も書きましたが、脳と神経伝達、そして筋肉のつながりを更に良くして行く運動のようですが、説明を受けてもなかなか皆には理解しにくいものがあるようです。
分かる人はそれを理解した上で動けると更に良いと宮中先生もエアロビの青木先生も前に話していたのですが。。。
理解できない事を聞かされてもそれは理解できていないと同じ。
なので、厳しく言えば指導者側だけの言い分となってしまいます。
こもれびは楽しく身体を動かす事を目的としているので、理論は指導者側にだけあれば良く、動く事で知らぬうちに皆の身体の為になっていればそれで良いと思っています。
宮中先生にも楽しめるプログラムをお願いしたので、次は更に動けるのではないかと期待します。
あ、エアロビ。。。
更に心配です。
青木先生が居なくても、少し練習すれば良かったと反省しております

後半はチャリティ歌謡大会の反省を行いました。
今回はビデオを撮ったので(一つ前の日記に貼付けてあるので見て下さいね)、それをみんなで見てみました。

イメージ 5


声のまとまりがなかった、歌いだしが分かりにくかったなどの反省も出ましたが、全体的には楽しく歌えたという感想が多く出ました。
客席にいらした方にも楽しんで見て頂けたという事が皆にも感じられたようで、それも良い印象に繋がったようです。
私個人的には今回の舞台は今までになく緊張しました。
人数が少なくなり、歌を先行して歌ってくれる人が居なくなったので迫力に書ける事。
また、ジャケットを投げる、エアギターをするなどと言う事は今までにした事がなく、本番で本当にやれるのかという不安。
しかし、そんな不安なんぞは屁のカッパでありました
みんなは本番に強いと常々言われていますが、やっぱりそうでした。
練習した中で一番よかった。
細かく言えば、「もっと歌を上手に」とか、「踊りはまとまり良く」とか、「笑顔で」とか、言い出せばきりがないです。
でも、こもれびは良いんです。
それぞれがそれぞれの力を出せれば。
今回はそれぞれの力がたくさん出た良い舞台でした。
さ、頭を切り替えましょ。
今年度の課題曲も決めました。
今年度は。。。
斉藤和義さんの「歩いて帰ろう」です。
一昔前にポンキッキ?(ーズ?)で歌われていました。
これまた楽しく歌えそうな曲なので、アイデア次第では更に良い曲になるかなと期待しています。
来月からビッチリと練習ですよ

さて、来月は6月8日(土)が活動日となります。
暑いかな。
Tシャツの替えも必要となってきましたので、着替えの持参をお忘れなく。
それでは。